NinjaFlexの使用
  • パーソナル3Dプリンタ導入の手引き 第2回
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/1month-kouza/20140116_630932.html
    このサイトで,Blade-1でNinjaFlexが使用可能という記事を見ました.
    実際にBlade-1でNinjaFlexを使用した例(URLなど)はありませんでしょうか?
  • asuzukiさん
    こんにちは
    Blade-1で使用出来るエラストマ系フィラメント「NinjaFlex」で色々な物が成型出来ますが、今回はその1つ「パッキン」ですパッキンとは液体や気体などを機密性を保ちたい場合に部材と部材の間に挟んで組み込むための柔軟部材です。今までは既製品のゴムパッキンなどをネットで探してもなかなかぴったり設計に合ったものは見つかりにくかったのですが、3Dプリンタで作ることにより、自在に形を形成できます。Blade-1ではダイレクトドライブ溶解ヘッドを採用しているので、効率よく柔軟性(ほぼグニャグニャ)のフィラメントを押し出す事が出来ます。より正確にエラストマ系フィラメントを使用する為のエラストマ用チューニングヘッドもありますので、ご興味のある方はご連絡お待ちしてます。

    imageimage
    SANY1393.JPG
    640 x 480 - 113K
    SANY1394.JPG
    640 x 480 - 104K