CupCakeCNCとは

個人所有を目指してA・ボイヤー博士(バース大学の機械工学のシニアLecturer)が、プロジェクトを行うためのプロジェクトチームが立ち上がりました。そして、他の研究者達も同じ考えに取り組んで、それを改善するのを許可しながら、無料でオープンソース(無料ソフト許可)中で利用できる3Dプリンターを作り上げました。

現在、ローエンドの工業用3D prototypersはおよそ2200万円かかります。(2009年9月)。そして、材料と支持材の価格を含みませんでした。別途約15万円がかかります。この機械が作るのに1立方センチメートルにつきおよそ約200円かかります。

これらのローエンドのコマーシャルによって作くったRepRapプロジェクトマシンは、本体製作におよそ約8〜15万円かかります。そして、1立方センチメートルにつき約2円の費用で物を作ることができます。ソフトウェアも3Dプロトタイピング機械と同じく無料でしかもオープンソースで自由に改良する事ができます。

そのRepRapプロジェクトを使って始めてキット可された商品が「CupCakeCNC」です。 USAのMakerbotIndustriesが2009年から発売したものです。 RepRapプロジェクトに関わって販売するものはすべてオープンソースにしなければならない ライセンス契約(GPLライセンス)なのでこのようなWikiを製作して、情報を発信しなければなりません。 http://hotproceed.com/Wiki/image/800px-First_replication.jpg


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-25 (木) 15:14:11 (1463d)